社会人のアルバイトもいます

最近、アルバイトとして入社した後、求人の内容と異なる労働条件を押しつけられそうなったと言う人が増えています。

PAGE
社会人のアルバイトもいます

アルバイトとして入社した後

最近、アルバイトとして入社した後、求人の内容と異なる労働条件を押しつけられそうなったと言う人が増えています。近年、学生アルバイトなどに対して、劣悪な労働条件を強いる企業が増加してきました。求人の内容と異なる労働条件を押しつけられそうなった場合、即座にクレームをつけるようにしましょう。迅速な行動がポイントになります。クレームをつけることは、きちんと労働者に認められた権利です。言うまでもありませんが、クレームをつけたことで解雇された場合、それは無効なので心配することはありません。

しかし、いくら会社の方が悪いと言っても、クレームはつけにくいと躊躇する人も多いです。しかし、クレームをつけずにそのまま働いていると、その劣悪な労働条件を認めたと見なされます。要するに、その労働条件で働くことに文句がないとされるわけです。こうなっては、いつまでも是正はされません。まずは、クレームをつけて是正の要求をしましょう。よく、公の機関に相談した方が良いと言いますが、いきなりそう言うところに話を持っていくのは避けた方がいいです。まずは自分でクレームをつけましょう。要求が聞いてもらえない場合、公の機関を利用することです。