社会人のアルバイトもいます

就職活動が終わった学生の人は、最後の思い出作りや卒業旅行のために、アルバイトをしてお金を稼ぎたいと考えるでしょう。

PAGE
社会人のアルバイトもいます

就職活動が終わってからのアルバイト探し

就職活動が終わった学生の人は、最後の思い出作りや卒業旅行のために、アルバイトをしてお金を稼ぎたいと考えるでしょう。ただ、ここで問題となるのが、応募をしても採用をしてもらえるかどうかです。例えば、8月に就職活動が終わったとして、そこからアルバイトをするにしても、働ける期間はせいぜい半年ほどでしょう。採用する側としては、できるだけ長く働ける人を採用したいでしょうから、もうすぐ社会人になる学生は避けたいと考えてしまうわけです。

ただ、逆に言えば半年間は働くことができますし、いつ辞めるかも最初から分かっているわけです。アルバイト経験も豊富でしょうから、あえて積極的に採用するところも少なくありません。それに、講義の方もほとんどないことから、平日のお昼から働ける可能性も高いでしょう。そのため、いろんな求人に応募をすれば、たとえもうすぐ就職する場合であっても、採用してもらうことは十分可能です。むしろ、今までのアルバイト経験や、平日でも働けることをアピールすれば、採用率もかなり高まるでしょう。

また、すぐにでもアルバイトをしたいと思っているなら、短期のアルバイトや、登録制のアルバイトをするのもいいでしょう。それなら、もうすぐ就職することも関係ありませんから、すぐにでも稼ぐことができます。